長い間使える電球が欲しい?LED電球を買ってみよう!


白熱電球よりも10倍以上長持ち

現在、白熱電球を使っていて、定期的に何度も交換するのが面倒だと考えるときはLED電球の購入も考えてみましょう。LED電球は白熱電球よりも軽く10倍は長持ちするので、交換の手間をグッと減らすことができます。仮に1年に1回取り替えているのならば、10年に1回でよくなるので大幅に手間を減らせるのが理解できるでしょう。

照明機器を交換する必要はない

LED電球を導入するためには、専用の照明機器を購入しなければいけないと考えているかもしれません。しかし、多くの場合は現在使っている照明機器を活用することが可能です。白熱電球を差し込んでいたソケットにLED電球を差し込めばよいだけです。ソケットの形やサイズが分かれば特別な知識は要らないので簡単に乗り換えられます。

LED電球の明るさを知ろう

LED電球の明るさを知るためには、『何ワット相当』という言葉を知る必要があります。知らないと明るすぎたり暗すぎたりする部屋になってしまい、不便な思いをしてしまうかもしれません。例えば、今まで60ワットの白熱電球を使っていたとします。LED電球に乗り換えるときは、同じワット数のものを買う必要はありません。なぜならば、LED電球は白熱電球よりもずっと少ない電気で、明るさを実現してくれるからです。それなら、何を参考にして購入すればよいかというと、商品パッケージに記載されている『白熱電球だったら何ワット相当か』の説明です。40ワットや60ワット相当などのワードが記載されているので、きちんと参考にして求める明るさの商品を購入しましょう。

ledパネルは、ディスプレイに表示されている内容をアピールできる道具です。ledの明るさによって、昼夜を問わずアピールができるのが特徴です。