意外と知らない!iphoneの修理方法と注意点を紹介


2つの修理方法を紹介

みなさんはこんな経験がありませんか?「iphoneを落として画面が割れてしまった」や「お風呂場で浴槽に落として画面が動かなくなった」など自分の不注意でiphoneが動かなくなった経験がある人がいると思います。急にiphoneが使えなくなったら、大事な電話が掛かってくるかもしれない、iphoneの中に保存してあったデーターが消えてしまったかもしれない、などいろいろ困りますよね。iphoneを治す方法は具体的に2種類あり、「iphone」と「自分で直す」です。それでは詳しく見ていきましょう。

iphone専門の修理業者に依頼する

iphoneが壊れてしまった場合、iphone専門の修理業者に修理を依頼するのが一番のおすすめです。多少値段は高く、画面の修理などには16000円~20000円ぐらいかかってしまいます。しかし逆に考えれば、この値段で自分の大事なiphoneがまた使えるようになるし、保存してあった写真や動画をまた見ることができます。安心を買っていると考えたらそこまで高い値段ではないかもしれませんね。

iphoneを自分で修理する方法

iphoneを安く修理したい場合、自分で修理するという方法があります。修理に必要な部品はネットオークションや、ネット販売サイトで購入することができるので、動画サイトやブログに乗っている修理の作業方法などを見ながら自分で直すことができます。
しかしiphoneを自分で修理する場合、手先が不器用な人、電子機器に詳しくない人や自分が原因でもっと壊れるのが怖いという人にはおすすめしません。安く修理できる代わりに、なにがあっても全てが自己責任という特徴がありますので、これから自分でiphoneを修理するという人は注意しましょう。

iphoneの修理は非正規店を利用する事によって格安の料金で行えます。アフターサービスも充実している店舗は多いです。