ホームページの作り方!大事なのはコンテンツと見せ方!


ホームページはコンテンツが大事

ホームページを作るときに心掛けることは、コンテンツの中身を充実させることです。コンテンツがしっかりしていないと、誰も見てくれないホームページになります。特にコンテンツを作るときに大事なのは、閲覧者が求めている情報を元にコンテンツを作ることです。例えば、閲覧者が車の買取りについて情報を求めていたとします。車買取りについて、どういう情報を求めているのかを推測します。買い取って欲しいという推測ができれば、買い取ってもらいたい人が欲しい情報を元にコンテンツを作ります。高く買取ってもらうために必要なことや、いい業者がどこかなどの情報は閲覧者にとって有益な情報になるでしょう。誰がどのような目的でそのホームページを見るかを考えて、それに沿ったコンテンツにすると閲覧者は最後まで見てくれます。ただし、コンテンツが主題から外れないようにすることも大事です。始めに決めた主題から外れすぎると、ホームページは無駄な情報ばかりになってしまいます。そうなると、閲覧者が混乱するのです。そうならないように、読んで欲しいコンテンツを絞ることも重要です。

見せ方でホームページは変わる

ホームページでコンテンツと同じくらい重要なのは見せ方です。上手く見せることができれば、最後まで読んでもらえます。例えば、文字ばかりのホームページを最後まで読もうと思う人は少数でしょう。そう考えると、イラストや絵を使って、上手く見せることが重要になるのです。文字の色を変えたり、背景を工夫すると、かなり見やすくなります。そのような工夫がホームページでは大切になります。

ホームページ制作においてサイトマップは2種類あります。一つが、ユーザーにサイト構造を伝えるためのサイトマップ、もう一つが、検索エンジンロボットにサイト構造を伝えるサイトマップです。