スマホの画面割れや水没を自分で修理する方法


スマホの画面割れを自分で修理

多機能なスマホは便利な反面、従来型の携帯電話より壊れやすいという特徴があります。修理期間が終了している場合は高額な費用が掛かってしまいますが、故障の原因によっては自分で直せる場合もあります。落下による画面割れはよくあるトラブルですが、修理キットが販売されていて自分でも修理することが可能です。自分で修理するのは安上がりですが、精密な部品で出来ているため修理業者に出したほうが良い場合もあります。自己責任での修理となるため、損傷がひどくスマホの修理に慣れていないという場合は修理業者に出すことをおすすめします。

水没事故を起こした時の対処法

画面割れとともにスマホの故障の原因で多いのが水没事故です。スマホが防水仕様でないにもかかわらず水没させてしまっても、慌てずに適切な対応を取ることで復活できることもあります。何も知らずに思わず電源を入れてしまったという方も少なくないと思いますが、電源を入れてしまうとショートしてしまう可能性があるので注意が必要です。そのため水没させてしまったらまず初めに電源を切り、その後で電池パックやSIMカードを外すのも忘れずにやっておく必要があります。電源を切ったらタオルで水気を拭き取りますが、内部が濡れている可能性もあるので天日干しや生米の中に入れるなどして何日か乾燥しやすい状態にしておくことをおすすめします。無事起動しても不具合が発生することも考えられるので、その場合は修理業者に持ち込む必要があります。

スマホ修理は、電池の寿命が来た場合に新品電池への交換作業も承っており、大手携帯電話ショップでは5千円から1万円程度の範囲が作業料となっています。